お知らせ

ニイガタ・フットボール映画祭2017が動き始めました!

28

ニイガタ・フットボール映画祭2017前売券ネットショップはコチラ

お待たせしました! Jリーグのシーズンオフにサッカーファンと映画ファンとが交流する機会の創出を願い開催してきたニイガタ・フットボール映画祭です。2017年の開催も決定しました。今年は2つの日本映画をご紹介します。まずは約50年前に長岡市で撮影された、実は日本で二番目に古いサッカー映画といわれている「栄光の黒豹」。もうひとつは、「ジェフユナイテッド市原・千葉」クラブ創立25周年記念作品であり、全盛期を過ぎた選手の闘志と彼に関わる人間模様を伝える「U-31」です。

日程:2017年2月18日(土)

会場:シネ・ウインド(新潟市八千代2-1-1 万代シテイ第二駐車場ビル1階 電話025-243-5530)

前売:1回券1100円 2回券2000円

当日:1回券1500円 60歳以上1100円 幼児?大学生、障碍者手帳をご提示の方1000円

シネ・ウインド会員1000円

ニイガタ・フットボール映画祭2017前売券ネットショップはコチラ

 

上映作品

「栄光の黒豹」(作品紹介) 12:30?14:00(上映後トーク有り)

「栄光の黒豹」? (C)1969 松竹株式会社

 

1969年に公開された全編長岡市撮影の青春サッカー映画。森田健作と目黒祐樹のW主演作品です。先日目黒さんにお話をおうかがいしたところ、奥様(やはりご出演の江夏夕子さん)と知り合うきっかけになった大切な作品と話してくださいました。現在の悠久山球場をサッカー用に整備して撮影するなど、当時の長岡の風景が新鮮にスクリーンに映える作品です。

映画上映後には長岡在住の郷土史家・星貴さんにご登場いただき、撮影時の話や当時の長岡のことなどお聞きします。

 

「U-31 」(公式サイト) 14:50?16:20

U-31_1

 

「ジェフユナイテッド市原・千葉」創立25周年を記念して作られた本作は、綱本将也・原作、吉原基貴・作画によるサッカー漫画の映画化作品です。背番号10をつけることを条件に古巣のクラブに戻って来た31歳の元日本代表選手・河野敦彦。元代表のネームバリューを利用しようとする会社や若手選手の冷たい視線にもめげずに練習に打ち込む河野の姿が、徐々に周りを変えていく様子が印象的です。

上映後には谷健司監督をお招きして、お話をおうかがいする予定です。

 

無料シンポジウム【新潟発サッカー映画が観たい!】 17:00?18:00

これまで3回のサッカー映画特集を開催してきて、「新潟を舞台にしたサッカー映画があれば」という思いに至りました。これまでサッカー関係者と話をする中で新潟産サッカー映画待望論は耳にする事も多かったと思います。今回のシンポジウムでは、過去3回の特集で上映してきたサッカー映画の傾向や、私たち新潟県民が参加できる・関われるサッカー映画作りの可能性について話し合う場になればと考えています。

 

主催:ニイガタ・フットボール映画祭実行委員会(シネ・ウインド内)

共催:新潟・市民映画館シネ・ウインド、コミュニティシネマにいがた

 


About the author / 

cinewind

お知らせ

RSS 公式ブログ